懐かしいポケットベルの情報やまとめ

ポケベルという名前をご存知でしょうか?

若い人たちは名前すらも知らないかと思います。携帯電話が誕生する以前に出来た、初めて電気信号を使って連絡を取れるようになった電化製品です。ポケベルとはどういったものなのか。当時の驚きや魅力的だったことを書かせてもらいますね。家電の歴史が知りたい人は参考にしてください。

ポケベルとは?

ポケット・ベル通称、ポケベルは今で言うガラパゴスケータイやPHS、スマートフォンといった携帯電話に搭載されている機能のメール。これを受信機能だけつけた形で一方通行型とされていた端末・デバイスになります。ケータイが普及する前まではかなりの需要と供給があった黄金世代が1980年代後半から1990年代前半とされています。それまでには、固定電話でのやりとりか手紙しかなかったという時代になっていますので。

ニーズがあった世代は?

当時は携帯電話自体の価格がかなり高騰していて、電話代もバカにならないほどになっていました。ですので、安価で通信ができるポケット・ベルの方がニーズを得ることができていました。それは、青春真っ盛りの高校生や大学生など。さらには営業で外回りをする人の連絡用など、ビジネスマンから学生などにかなり多く必要とされていた黄金期があります。

携帯より流行った時代もあった

まだ携帯の通話料金が高くなっていて、本体自体も高いから一部の人しか買えないという時代がありました。その時にはかなり安くて、自宅以外で連絡が取れるということで若い子たちからは支持されていたのがポケベルです。ポケベルは外で友達同士で交流が出来る事に、かなり画期的な時代になったという実感があったのではないでしょうか。

ケータイの発展で水を引くかのように急落

しかし、携帯電話価格、通話料金共に値下げされていき、利用料が低下すると携帯購入者が一気に増えました。そうなることで、ポケベル自体の需要もなくなってきたのです。そしてショートメールという機能がdocomoであったりツーカーなどから提供されることによって、拍車がかかるように利用者数、購入者数は激減していまいました。

現在の状況はどうなっている?

現在では、ほとんどの会社が業務停止や倒産となっています。沖縄や東京都では一部サービスを提供している所もあるようですね。

スマートフォンではポケベル入力のアプリがあったりなど、まだポケベルの輝かしい時代の名残りはあると思われます。

ポケベルを知っている人にアプリで交流をはかってみてはどうでしょうか。

家族みんなで揃えたい本当に安心できる防災グッズ

防災バッグを備えたいと考える方が増えています。中身を考える上で大切なのは、実用性とコンパクトさです。本当に使えるグッズ、無いと困るものだけを揃え、自分専用のセットを作っておきましょう。

ビニール袋・サランラップ・アルミホイルは誰もが勧める定番アイテム

災害時には、1つでいくつもの活用ができるグッズが活躍します。ビニール袋は、キズの保護に巻く、食事を保存する、赤ちゃんのおむつ代わりなど、アイディア次第でさまざまに活用できます。大〜小いくつかのサイズを持っておくと安心です。

サランラップとアルミホイルも、幅広く使えるものの代表です。特にホイルは、フライパン代わりにする、体に巻いて保温するなど、命を守る重大な役割を果たします。100円均一ショップなどで買ったもので充分ですので、多めに用意しておきましょう。

収納たっぷりのベストで身に付ける防災を心がける

用意した物をボストンバックなどに入れて準備していると、いざ逃げる時に手が塞がってしまいます。なるべく早く安全な場所に行くためにも、ポケット収納のたくさん付いたベストに最低限のものをしまっておく方が安心です。

もし避難所での生活となってしまった場合も、ベストなら財布などの管理が万全にできます。災害時には置き引きや強盗が増えますので、寝ている間でもしっかりと防犯しましょう。また、防災グッズは1人1セット持っておくことが重要です。自分用を常に持ち歩けくためにも、ベストがオススメです。

購入は、できれば店頭にしましょう。身に付けた時のフィット感や重さを確かめて、一番しっくりと来る着心地のものを選んで下さい。

家族・職場との連絡手段も確保しておきましょう

電話やインターネットは、繋がりにくくなる可能性があります。何を使って、どの様に連絡をとるか、家族で約束しておくことが重要です。

日中、離れたエリアで過ごす家族の連絡手段として、ポケベルが注目されているのをご存知でしょうか。

・電波が安定していて確実に繋がる
・充電の消費が少ない

上記の理由から、社員に配っている企業も出ています。大手の通信会社は生産を中止しましたが、システムやネットワークはベンチャー系企業が引き継いでいます。非常用に家族で持っておくと、手軽に安否確認ができ便利です。

災害は、いつ・どこで起こるか分かりません。この準備で良いのかと漠然とした不安にかられがちですが、持ち運ぶことも考え、量は最小限にしてください。幅広く活用できるグッズを揃え、家族内での約束ごとを確認しておきましょう。