懐かしいポケットベルの情報やまとめ

ポケベルという名前をご存知でしょうか?

若い人たちは名前すらも知らないかと思います。携帯電話が誕生する以前に出来た、初めて電気信号を使って連絡を取れるようになった電化製品です。ポケベルとはどういったものなのか。当時の驚きや魅力的だったことを書かせてもらいますね。家電の歴史が知りたい人は参考にしてください。

ポケベルとは?

ポケット・ベル通称、ポケベルは今で言うガラパゴスケータイやPHS、スマートフォンといった携帯電話に搭載されている機能のメール。これを受信機能だけつけた形で一方通行型とされていた端末・デバイスになります。ケータイが普及する前まではかなりの需要と供給があった黄金世代が1980年代後半から1990年代前半とされています。それまでには、固定電話でのやりとりか手紙しかなかったという時代になっていますので。

ニーズがあった世代は?

当時は携帯電話自体の価格がかなり高騰していて、電話代もバカにならないほどになっていました。ですので、安価で通信ができるポケット・ベルの方がニーズを得ることができていました。それは、青春真っ盛りの高校生や大学生など。さらには営業で外回りをする人の連絡用など、ビジネスマンから学生などにかなり多く必要とされていた黄金期があります。

携帯より流行った時代もあった

まだ携帯の通話料金が高くなっていて、本体自体も高いから一部の人しか買えないという時代がありました。その時にはかなり安くて、自宅以外で連絡が取れるということで若い子たちからは支持されていたのがポケベルです。ポケベルは外で友達同士で交流が出来る事に、かなり画期的な時代になったという実感があったのではないでしょうか。

ケータイの発展で水を引くかのように急落

しかし、携帯電話価格、通話料金共に値下げされていき、利用料が低下すると携帯購入者が一気に増えました。そうなることで、ポケベル自体の需要もなくなってきたのです。そしてショートメールという機能がdocomoであったりツーカーなどから提供されることによって、拍車がかかるように利用者数、購入者数は激減していまいました。

現在の状況はどうなっている?

現在では、ほとんどの会社が業務停止や倒産となっています。沖縄や東京都では一部サービスを提供している所もあるようですね。

スマートフォンではポケベル入力のアプリがあったりなど、まだポケベルの輝かしい時代の名残りはあると思われます。

ポケベルを知っている人にアプリで交流をはかってみてはどうでしょうか。

↓お客様の電話一つで可愛い子がすぐに駆けつけてくれます
横浜デリヘル店