合言葉や暗号などの利用について

ポケベルは数字を使ったコミュニケーションの方法です。この言葉の表現方法が再燃しているというニュースを知っていますか。知らない人は新たな表現方法を覚えるという解釈で閲覧してもらいたいと思います。では下記に説明していきますね。

ポケベル時代なならではの入力合言葉とは?

通常のポケベル表記はツータッチ入力といって、「あかさたなはまやらわ」「1234567890」と見ます。これを一桁目とします。2桁目は「あいうえおABCDE」を「1234567890」と打ち込みます。これを覚えることで数字でのコミュニケーションが可能となっていた訳ですよね。わかりやすいので、色々な人が持ってコミュニケーションをとっていました。一方で「4510」といった今となっては暗号と思える文字入力で表現している人たちが大半でした。

ポケベル使用でやっていたゲームは?

通常のツータッチ入力ではなく、数字を日本語に置き換えるやり方で送り合いをすることが流行していました。「愛してるなら→14106」と言った感じですね。上記の「4510」は「仕事」となります。他にもたくさんの合言葉で中には完全に我流の集団で作り上げた合言葉もあったそうです。メジャーなものを挙げさせてもらうと、0833→おやすみ、0840→おはよう、49→至急といった感じですね。これがまた、某メッセージアプリで流行の兆しを見せているようです。

ポケット・ベルでコミュニケーションが取れるのは当時では凄い快挙

現在では当たり前となっている携帯電話。今はいかに付加機能を足していってユーザーを満足させるかどうかが問われていますね。もはや電話機能は一部でしかないといった方も多いのではないでしょうか。ほとんどが画面を見ている時間のほうが長いと感じてしまうかもしれません。電波が飛び交うことがなかった当時は、秘密のメッセージであったり内緒の文面で心を躍らせていたことがイメージできます。