基本的な入力方法などについて

ポケベルユーザーだった人はモチロン分かるでしょうが、持ったことや触ったことがない人は入力方法も分からないでしょう。そこで、基本的な入力方法などや合言葉などを紹介していきたいと思います。ポケベルユーザーだった方は懐かしんでもらって、その他の人は歴史に触れる感じで見ていって下さい。

ポケベルの入力方法とは?

ポケベル入力をするには、日本語やローマ字対応している製品ならばツータッチ入力になります。説明書に詳しく明記されていますが、ここでも詳しく説明しますね。
1桁目はあかさたなはまやらわが あ→1 い→2 う→3 え→4 お→5となります。
2桁目はあいうえおABCDE あ→1 い→2 う→3 え→4 お→5 A→6 B→7 C→8 D→9 E→10と言った形で入力します。ですのでけ(24)い(12)た(42)い(12)となるのです。
これを覚えておけば、読めますし入力もスムーズになりますね。

使いやすさが簡単で女子高生が注目

暗号が大好きな女の子は、こういった文字の羅列から独自の暗号入力でやり取りをしていたと言います。メジャーに知れ渡った数字の合言葉よりも更に深読みをするようにして、独自暗号で集団意識を高めていたんですね。交換日記など色々な所で女子グループは暗号、パスワードを使う人間なんだと改めて痛感した人は多いのではないでしょうか。

数字で会話をしていた時期もあった

14106または114106は愛してるといったメッセージだったようです。また、0833ならおやすみ、4510で仕事といった簡単な数字を日本語に訳せるような形でやり取りをしている人たちが多かったようです。リアル世代なら他にもたくさんの文字を思い出せるのではないでしょうか。

懐かしさを再び取り戻そう!

こういった数字入力やツータッチ入力がスマホのアプリで試すことができますので、懐かしいなと感じた方や試してみたいと思った方は調べてみてください。
若い人は親やおじいちゃんなど、年配の方に聞いてみいてはどうでしょうか。