昔はポケベルでテレクラを利用していた

テレクラやポケベルと聞けば、懐かしい響だと感じる人も多いのではないでしょうか。ここでは、実際に昔、」テレクラで出会った子とポケベルしてから交際を重ねた。またはいきなり、ポケベルから出会った人についての体験談を書いていきたと思いますので、興味のある人は見ていって下さい。

あの頃は懐かしかったと思うのか、そんな時代もあったのかと思うのは閲覧する人の年齢層によっても違ってきますので。

出会いは突然やってくる

ポケベルから知らない番号でやってきたり、テレクラ案内でポケベルの番号を打つというのが主流でした。なので電柱や公衆電話によく番号がかかれていた紙を見た事があるという方はいないでしょうか。経験している人には懐かしいことかと思います。突然知らない番号で来た時はビックリしますが、相手は出会うためにやっているんですよね。時は遡っても男女の出会いがしたいという欲求は顕著に見えていますね。やはり手当たり次第なので、この時代は会うまでがドキドキですね。

挨拶文はベル友になって下さい

いきなりポケベルが受信したら、内容が「ベル友になって下さい。」という挨拶から始まるそうです。そういった経緯をへて、連絡をとりあうようになり、大人の関係となるような流れがあったと当時の人は語っています。案外彼氏がいても平気で連絡を撮ったり遊ぶような子が多かったようです。そのわりには容姿は悪くなかったと話していました。今ではメル友は色々なアプリや、インターネットサイトがありますから、出会おうと思えば出会えますよね。優良の出会い系サイトも有りますので。やはり顔写真が見れないというのは不安ですね。

テレクラからポケベルで連絡先交換が流れ

テレクラでアポを取ってから、ひとまずホテルに行ってそれから何度かはポケベルでコミュニケーション。そして数日後にまた会う。そういった関係をポケベル時代には送っていたという体験談もありました。

今はテレクラもポケベルも衰退

残念ながらネット、携帯の発展で今ではどちらも見かけませんね。